初宮参りの由来
 生後初めて氏神様にお参りに行く儀式を初宮参り、お宮参りなどと呼びます。
 昔は、氏神様に対して、赤ちゃんが無事に誕生したことを報告し、氏子として仲間入りをみとめてもらい、すこやかな成長としあわせをお願いするという意味や、お産が汚れたものと考えられていたのでその忌明けの儀式として、けがれを祓うという意味をもっていましたが、今日では、氏神様とか氏子という観念も薄れ、ただ子どもがつつがなく育つように祈るためにお宮参りするという人が多いようです。
 お宮参りの時期としては、母子ともに平常の生活にはいれる30日前後とされています。男児の場合は、31日目、女児の場合は33日目が、もっとも一般的ですが、地方によっては前後数日ずれたり、氏神様の大祭に行うこともあり吉日をえらぶため一定していないようです。
 いずれにしても、お宮参りする日は、赤ちゃんの健康や母親の産後の回復状況を考慮し、雨天や寒い日は避けて、晴れた気持ちのよい日にすることが大切です。
お宮参りの仕方
 正式には、父親側の祖母が子どもを抱いて、母親がいっしょに付き添うのがしきたりです。しかし、最近ではそれにこだわらず、父親が付き添ったり、祖父母がそれに加わったりして、なごやかにおこなわれています。
 お参りの仕方は、神前でお賽銭(さいせん)をあげ、鈴を鳴らし合掌して赤ちゃんのしあわせを祈願します。
 ていねんにしたい場合は、神官のおはらいをうけて祝詞をあげてもらうのもよいでしょう。ただし、この場合お礼が必要です。お礼の金額は、数千円程度と考えれば無難です。
 表書きは、「初穂料」、「御玉串料」、「御神饌(しんせん)料」などとします。
お宮参りの服装
 赤ちゃんの祝い着の正式の掛け物は、男児なら染抜きの五つ紋の黒羽二重熨斗目模様広袖、女児なら、やはり五つ紋、ちりめんやりんずの絵羽模様広袖です。
 ただ、最近では古いしきたりにこだわらずにベビードレスにしたり、ベビーケープを掛けたり、おくるみで包んで抱くが普通になっています。
 付き添いの服装は、正式には黒の留袖ですが、ふつうはそこまでする必要がなく、一つ紋の色無地、訪問着、つけ下げなどで十分です。形式にこだわらず、もう少し自由にと洋服でする家庭も多くなっています。洋服の場合は、フォーマルでも黒は避け、明るい色彩のアフタヌーンドレスかスーツにします。
お宮参りのお祝い
 お参りをすませたら、出産祝いをいただいた親戚や知友の宅に、千歳飴を配って礼をのべて回り、あいさつをうけた家では、犬張子やでんでん太鼓を祝い着の紐に結びつけてあげるのが、昔ながらのしきたりでした。
 ただ、最近では近所の家へはともかく、長時間乗物にゆられるのは、母子共にからだに障ることもありますので、遠方への挨拶まわりは家人に代わりに行ってもらったり、内祝いの品を送るのが多くなっているようです。
 宮参りを終わったら、家で祝膳を囲んで祝います。